酵素には大きく3つ種類がある?「潜在酵素」「消化酵素」「代謝酵素」の働きとは

  • 酵素がなくなると代謝が悪くなる
  • ダイエット、美容、健康のために酵素は欠かせない!
  • 酵素を取り入れたくて毎日サプリを飲んでいる

 

酵素は体の中で増やせない成分なので、食べ物やサプリを使って取り入れる必要があります。

 

【酵素】とひとくくりにされていますが、実は酵素は大きくわけて3種類存在するって知っていましたか?
それぞれ種類があるので、体に働きかける役割も違うのです。

 

3つの酵素の役割って?
それぞれの「特徴」「取り入れるときに気をつけたいこと」「具体的な効果」別で役立つ酵素をまとめました。

 

酵素とは?なぜ酵素は必要なの?どんな種類があるの?

酵素と聞くと、難しい成分なのかな?と思いがちですが、実は普段何気なく食べている食品にもたくさん含まれています。
酵素の主な役割は、私たちが食べたもの分解することです。

 

酵素はたんぱく質のジャンルに分けられます。
タンパク質は三大栄養素の1つ!つまり、生きていく上では欠かせない必須成分なのです。

 

ただ、たんぱく質の中でも酵素はとっても特殊な活動をするのが特徴です。
通常たんぱく質は、内臓や血液、筋肉を作るために直接働きかける成分です。

 

スポーツ選手がササミやムネ肉など、たんぱく質を多い食事をよく食べるのはこのためです。
しかし、酵素は筋肉を作ったり直接働きかけるのではなく、活動力をアップするためにサポートするのが仕事です。
たんぱく質の一種だけれど、酵素を取り入れたからといって血液や筋肉量がアップするというわけではないのです。

 

そんな体の働きをサポートする酵素なのですが、主に3つの種類に分けられます。

 

  • 滞在酵素
  • 消化酵素
  • 代謝酵素

 

それぞれの酵素について詳しくリサーチしました。

 

「潜在酵素」とは?酵素をとっても増えないって本当?

滞在酵素とは【もとから体の中に存在している酵素のこと】です。

 

滞在酵素は生まれたときから体の中にある成分なのですが、これは消耗品
なので限られた数がなくなると増えることはありません。つまり、どれだけ酵素を食べ物やサプリでとっても、もともと存在している滞在酵素が増えるわけではないのです。

 

暴飲暴食&消化に時間がかかる食べ物を食べれば、そのぶん酵素を使うことになります。当然消耗品である酵素は減っていく一方!

 

  • 歳をとってから消化に時間がかかる
  • 油っこいものを食べると胃もたれする

これは、消化機能を助ける酵素が体内から減っているのかもしれません。

 

「消化酵素」とは?なぜたくさん食べたらいけないの?

消化酵素は【食事の消化をサポートする酵素のこと】です。

 

仕事をしたり、よく動いたあとは特にお腹がすきますよね!
おなかがすいたら食事をするのは、生きている上で当たり前の行動です。

 

でもしっかり理由をつけると、おなかがすくのは「体のエネルギーが足りていないから必要な栄養素を取り込みたい」というサイン!
おなかがぐぅ〜となってから食事するのがいいと言われているのは、効率的に栄養素を吸収できるからなんです♪

でも、食事をしたあとすぐに栄養を吸収できるわけではありません。
栄養素を吸収するには、食べたものを細かく分解して吸収しやすくする必要があります。

 

胃液やそのほかの消化をするために働く成分はたくさんありますが、消化しやすいように食べ物を細かくするために体内酵素が必要な数だけ消化酵素に変身します。

 

消化に時間がかかるもの・たくさんの量を食べてしまうと、数が限られている潜在酵素をたくさん使ってしまうことになります。

 

  • 食べ物はよく噛んで食べる
  • おなかが苦しくなるほど食べない
  • 腹八分目を心がける

ということを意識しましょう♪

 

「代謝酵素」とは?代謝が良くなるとどんな効果がある?

代謝酵素は【消化酵素によって分解された栄養素を体の隅々まで届ける酵素のこと】です。

 

消化酵素は食べ物の栄養を吸収しやすいように変身させても、体に必要な場所に届けてくれません。

「はい、栄養素が分解できましたよ!代謝酵素さん運んでちょうだいね♪」こんな感じです。

 

栄養素が分解できたのを体が判断したら、潜在酵素が必要な分だけ代謝酵素に変身します。
代謝酵素の働きが激しくなるほど、栄養素が体の各パーツにたくさん運んでくれるので、代謝が良くなるんです♪
だからダイエット効果がアップしたり、肌がキレイになるんですね♪

 

こんな嬉しい効果だけでなく、酵素によって運ばれた栄養素は、もとからある体の働きをさらにアップできるようにサポートする効果があります。

 

代謝酵素が細胞に的確に栄養を運ぶので、免疫力がアップしたり、血を作る効率を上げたり、内臓をより活発に働かせる効果があります。

つまり、潜在酵素を使うならそれぞれの酵素に変身させるときに、消化酵素よりも代謝酵素の量を多くすると、体へのメリットが多いということなんです♪

 

酵素が不足するとどうなるの?生活にどんな支障がでる?

もしも、体の中の酵素が減ってしまったらどんな影響がでるのでしょうか?

 

酵素が減ることで出る体への影響

  • 消化スピードが落ちて胃もたれが激しくなる
  • 代謝が悪くなって冷え性になる
  • アルコールの分解速度が落ちて酔いやすく、二日酔いになりやすくなる
  • 運動や半身浴をしても汗をかきにくくなる
  • 便秘になりやすくなる
  • 肩こりをはじめ、体全体が重たくなる
  • 疲れがとれにくくなって、眠気を感じることが増えつ
  • 肌荒れが目立つようになって大人ニキビができやすくなる
  • 疲れがたまりやすくなる
  • 栄養素を吸収しにくくなって、脂肪になる

 

人が生きていくために欠かせない酵素ですが、酵素が足りなくなると体が正常に機能しなくなるのです。
普段からこのような症状を感じやすい人は、酵素すでに不足しているのかも・・・

 

そしてこの症状は、代謝酵素より消化酵素の働きが活発になっても同じことが言えます。

 

体の構造的にどうしても「消化→代謝」の順番になるので、消化しにくい食べもの(揚げ物やファーストフードなど)や量が多いと、潜在酵素が消化酵素に変身する割合が多くなります。

実は潜在酵素が1日に使える量が限られているので、消化酵素に多く使ってしまうと、代謝酵素に変身する量が減ってしまいます。
つまり、代謝酵素の働きがにぶくなって、体に必要な栄養素を届けることができていないということなんです!これでは、体に不調がでるのも納得かもしれませんね。
せっかく栄養を取り入れても、体にしっかり届ける機能が働かなかったらムダになってしまいますよね。

 

代謝酵素の割合を増やして消化酵素を節約するためにも、普段から食生活を意識したり、消化酵素が多く含まれていものを食べましょう。
潜在酵素が代謝酵素に割り当てられるように「潜在酵素の節約」がポイント!

 

こんな症状やトラブルに合わないためにも、潜在酵素を節約することはとっても大事なことなんです。

 

たくさんの種類の酵素を摂る意味とは?1つの酵素じゃダメな理由

酵素の役割は主に大きくわけて3種類にジャンル分けされますが、酵素自体の種類はたくさんあります。
酵素をさらに細かく種類に分けると、リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼなど・・・その数は2万種類以上あるとか!

 

潜在酵素は消耗品なので増やすことはできませんが、食事から取り入れた酵素を消化酵素や代謝酵素に使うことはできます。
つまり潜在酵素を減らさずに節約して使うためには、日々の食事の中で酵素を積極的とることが重要なんです!

 

酵素の持ち場はそれぞれ違う!バランスよく酵素を摂取しよう

消化酵素と代謝酵素の持ち場はそれぞれ違います。
わかりやすく言えば、同居していないということです(笑)

 

学校でお友達と同じクラスの仲間だけど、みんなそれぞれ住んでいる家は違いますよね?
消化酵素も代謝酵素も仲間だけど、それぞれ違う場所にいます。

 

  • 消化酵素→胃腸に存在する
  • 代謝酵素→心臓や血管など基本的に全ての器官に存在する

 

食べたあと・消化したあとにそれぞれの酵素に変身するのではなく、ある程度の消化酵素・代謝酵素は、それぞれの持ち場にスタンバイしています。

 

消化酵素が足りなくなると、さまざまな器官にいる代謝酵素が消化酵素に振り分けられて代謝酵素は減ります。
体を元気にするためには代謝酵素を多く使いたいのですよね!

 

  • 揚げ物ばかりなど偏った食事をしない
  • 消化のいい食べ物を意識する
  • 野菜から先に食べる

など意識してみましょう。

 

各酵素の働きを紹介※2万種類以上ある酵素をどう摂取する?

ダイエットをしたい人や、健康診断で数値が気になり始めた、美容のためになど・・・。
酵素を取り入れる目的は人それぞれ!

 

食べ物で取り入れるときに注目したい3つの酵素が【リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼ】です。

 

ダイエットにおすすめの酵素は【リパーゼ】

リパーゼは脂肪分解酵素のことですが、リパーゼが多く含まれている食品を食べると脂肪を分解してくれるので、ダイエットにも効果的♪燃焼効率がアップします。

【納豆・みそ・チーズ】などの発酵食品に多く含まれているので、カンタンに摂取できそうですね!

風邪のウイルスと戦うおすすめの酵素は【アミラーゼ】

アミラーゼはでんぷんを分解する消化酵素で、唾液によく含まれる成分です。
唾液をたくさん分泌することは免疫力アップにもつながります。

 

また、アミラーゼは栄養の吸収をスムーズに行うのが特徴です。
栄養分をしっかり吸収することで強くなるので、ウイルスに負けない体が作れます。

【果物全般・大根・イモ類】に多く含まれています。
風邪のときに果物や大根を食べるといいと言われている食材ですね!

肌のターンオーバーに役立つ酵素は【プロテアーゼ】

プロテアーゼは、たんぱく質を分解するための酵素です。
よく温泉にいくと「ドクターフィッシュ」といって、足を水の中にいれると古い角質を食べてくれる魚を見たことはないですか?

 

古い角質には、たんぱく質が多く含まれています。
ドクターフィッシュはたんぱく質をエサにするので、たくさん群がってくるのです。
プロテアーゼはたんぱく質を分解してくれるので、肌をツルツルにしたり、ターンオーバー促進にも役に立ちます。

【パイナップル・りんご・麹】などに多く含まれています。

「潜在酵素」「消化酵素」「代謝酵素」の働き まとめ

酵素は体にいいと言われているけど、大きく分けて3つの種類に分けられます。
潜在酵素は減っていく一方で増やすことができないので、大事に使いたいですよね!

 

潜在酵素を使わないで、節約するためにも食べ物で酵素を取り入れましょう。
消化酵素が多い食べ物を摂取できれば、潜在酵素を代謝酵素にする量も増えますよ♪

 

酵素を効率よく摂取するには、たくさんの温度や鮮度など・・・かなり厳しい条件をクリアしないといけません。
1回の食事で食べれる食材量も限られるので、たくさんは摂取するのは現実的にかなり難しいことです。

 

だからこそ取り入れたいのが酵素サプリ!その中でも特に生酵素サプリは圧倒的にオススメです★

 

  • 非加熱だから生きたままの酵素を大量に体内に届けられる
  • 食事で取り入れるよりも効率的&低コスト
  • 酵素の体への実感力が食事よりも高い
  • 1日たった数粒でカンタンに習慣づけられる
  • 薬じゃないからいつ飲んでもOK

など、かなり多くのメリットがありますよ♪
ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

植物酵素の働きとは?植物酵素を多く含む食べ物と摂取する際の注意点を徹底調査