間違ってない?生酵素サプリの飲み方を間違えると痩せずに太る?!


痩せる体質をつくるために生酵素サプリを飲んでいたはずなのに、なぜか体重が減らない・・・。
こんな悩みを抱えている人って、実はすごく多いんです。

 

あまり知られていないかもしれませんが、生酵素サプリは飲むタイミングなどによって、効果が違うんです!
間違った飲み方を続けていると、逆に太ってしまうこともあります。

 

そこで、生酵素の力を最大限に引き出せる飲み方を徹底的に調査しました!

正しい飲み方などの注意点もまとめていますので、効率よく飲みたい人は、ぜひ参考にしてください.。

生酵素サプリはどんな飲み方が効果的なの?〜飲むベストタイミングについて〜

 

生酵素サプリを効果的に働かせるために、どんな飲み方がいいのでしょうか?

 

生酵素は、医薬品ではなく健康補助食品なので飲む時間帯に決まりはありません。

 

メーカーでも飲む時間帯をわざわざ指定はしていません。
しかし、一般的には消化が行われる前に飲まないと意味がない!といわれています。
が、これは正解でもあり不正解でもあるんです。

 

「え?だって食べた後じゃ意味ないでしょ?!」と思われる方も多いかもしれませんが「酵素の働き」を考えれば、その答えは見えてきます。

 

・食前に飲んだ場合
・・・酵素がしっかり吸収され、食後の消化吸収をサポートし効率をアップさせる

 

・食後に飲んだ場合
・・・食べたものの消化吸収をサポートする

 

・寝る前に飲んだ場合
・・・寝ている間に酵素がしっかり吸収され、翌朝の排出をスムーズにする

 

・運動する前に飲んだ場合
・・・酵素により代謝がアップし、脂肪燃焼を促進させる

いかがでしょうか?
生酵素を飲むタイミングでよくあるパターンを挙げてみました。

 

同じ生酵素でも、摂取するタイミングによって働き方が少しずつ違ってきます。

 

やはり生酵素の活動を最大限発揮させるためには「胃が空っぽの状態で摂取する」のが一番です!

 

生酵素サプリは目的に合わせて毎日の飲み方を決めよう!

生酵素サプリは飲むタイミングによって、体内での活動が違ってくることは上で少し紹介しました。
効率よく飲むためにも、まずは「なりたい自分」を決めましょう。
目的別にいくつか紹介します。

 

ダイエット効果を高めたい人

痩せたい人は「食前」に飲むことをおすすめします。

 

また、飲むタイミングが1日1回の場合、一番摂取カロリーの高い食事の前に飲みましょう。

1日の摂取量を3食で分けて飲めるのであれば、それが一番ベストです。

しかし、それが難しい場合は「夕食後」など、その日の中でたくさん食べる食事に合わせると効果的です。
食前にコップ1杯のお水と飲めば、食べすぎ予防の効果も期待できます。

 

ダイエットにおすすめの生酵素サプリはこちら

生酵素222

もっとすっきり生酵素


販売累計800万個以上
ダイエットに良い野菜をたっぷり配合!

 


初回限定630円(税抜)
2017年モンドセレクション受賞!

 

基礎代謝をアップさせたい人

基礎代謝が高く脂肪燃焼しやすい体質をつくりたいなら、「運動の30分前」に飲むのがおすすめです!

 

運動直前に飲んでしまうと、生酵素サプリが分解されない状態なので、気分が悪くなったり胸のつっかえを感じてしまう場合があります。

生酵素サプリは、ただ飲むだけでも代謝アップの働きがありますが、運動30分前に飲むことで効率よく脂肪燃焼効果を高められるのです。
基礎代謝アップにおすすめの生酵素サプリはこちら

生酵素222

丸ごと熟成酵素


汗の量が少ないと感じたら生酵素222!
管理栄養士推奨!

 


初回限定30日分500円!
たくさん食べてないのに太った!と感じたら代謝酵素不足です。

 

美肌を手に入れたい人

美容効果を高めたいなら、「就寝前」に飲むのがおすすめです。
食前や食後に飲むのとちがい、就寝前は胃酸の影響を受けにくく、体内へ吸収されやすくなります。

 

就寝中は新陳代謝が活発になるため、酵素を補うことでより働きを活性化させます。
美肌を手に入れたい方におすすめの生酵素サプリ

生酵素222

よくばりキレイの生酵素


コエンザイムQ10に乳酸菌配合で中からキレイに!

 


初回限定実質0円!
高給美容成分をたっぷり配合

 

便秘解消したい人

便秘解消をしたい人は、「就寝前」に飲むのがおすすめです。
就寝前に飲むことで、寝ている間に酵素が体内に吸収・消化され、腸内環境を整えてくれます。

ヒドい便秘で苦しんでいる人は、就寝前に生酵素サプリを飲んで一度試してみてください。
便秘で悩んでいる方におすすめの生酵素サプリはこちら

まあるい旬生酵素

よくばりキレイの生酵素


初回限定907円!
乳酸菌+オリゴ糖+食物繊維配合!

 


初回限定実質0円!
クアトロ乳酸菌+ビフィズス菌配合!

 

アンチエイジング効果・健康重視の人

若返りや健康を第一に考えているなら、「朝食前」に摂取することをおすすめします。
午前4時から正午までの間は「出とっくスタイム」と呼ばれています。
ホルモンや自律神経の働きを正常化する時間帯ですので、ここで生酵素を摂取すればアンチエイジング効果が期待できます。

さらに効果を高めたい場合は、朝食にフルーツや生野菜など、食事からも生酵素を摂取し食物繊維などを補うといいでしょう。
アンチエイジング効果や健康になりたい方におすすめの生酵素サプリはこちら

OM-X

丸ごと熟成生酵素


初回限定980円!
40種類以上の栄養素配合!

 


初回限定500円!
120種類の果物や野菜を配合!

 

 

おすすめ生酵素サプリ比較一覧

最近、特に注目の生酵素!
目的別にご紹介した生酵素以外にもたくさんのおすすめポイントをもった生酵素サプリがあります。

 

自分にはどの生酵素サプリがあっているのか
1日何回何粒なら継続できるのか
金銭面的な負担なく続けられるのか

 

目的は1人1人違います。

比較表で自分にあった生酵素サプリを選んでみてください^^

222種類の
生酵素
丸ごと熟成
生酵素
OM-X まあるい
旬生酵素
もっとすっきり生酵素
商品 222種類の生酵素

60粒/袋

丸ごと熟成生酵素

60粒/袋

OM-X

90粒/箱

まあるい旬生酵素

60粒/袋

もっとすっきり生酵素

62粒/袋

通常価格 6,111円(税込)
※3袋
4,552円(税込) 9,150円(税込) 3,980円(税抜) 4,890円(税抜)
定期価格 5,194円(税込)
送料無料
※毎月3袋コース
初回500円
※送料のみ

2回目〜3,960円
送料無料
初回980円(税込)
※1袋3粒×7包(約7日分)送料無料

初回6,400円(税込)
送料無料

2回目〜8,020円(税込)
送料無料
初回907円(税抜)
送料無料

2回目〜2,980円(税抜)
送料無料
初回630円(税抜)
送料無料

2回目〜4,280円(税抜)
送料無料
一日摂取量 6粒 2粒 3〜5粒 2粒 2粒
植物の種類 222種類 120種類 65種類 310種類 64種類
公式HP

 

よくばりキレイ
の生酵素
酵水素
328選
生酵素
×ピタヤ
生酵素ブラック
ジンジャー
商品 よくばりキレイの生酵素

60粒/袋

酵水素328選

90粒/袋

生酵素×ピタヤ

60粒/袋

生酵素ブラックジンジャー

60粒/袋

通常価格 5,800円(税抜) 4,190円(税抜) 1,800円(税抜) 1,800円(税抜)
定期価格 初回630円(税抜)
※送料のみ

2回目〜3.980円(税抜)
送料無料
3,770円(税抜)
送料無料
- -
一日摂取量 2粒 3粒 2粒 2粒
植物の種類 563種類 328種類 230種類 230種類
公式HP

-

-

生酵素サプリはどんな飲み方が効果的なの?〜飲む量について〜


生酵素サプリの販売メーカーによって、1日に飲む量を指定しています。
しかし、より高い効果を得たいがために規定量より多く飲んでしまう人がいます。
でも、それってまったく無駄なことなんですよ!

 

酵素は、体内では一定の量しか働きません。

 

不要な分は、外へ排出されてしまいます。
一気にたくさん摂取したからといって、効果の出方は変わらないんですね。

 

むしろ、過剰摂取によるデメリットの方が気になりますので、指定されている用法用量はきちんと守りましょう。

 

酵素の働きは体調によって左右されます。

体調の優れない日は無理に飲む必要はありません。

 

1日○粒かならず飲むこと!など決まっていないので、「風邪などを引いた時」や「いつもより疲れている日」などは体を休めて治療薬を優先的に飲むなど、生活リズムに合わせましょう。

 

生酵素サプリのこんな飲み方に注意!逆に太ってしまうことも・・・

 

普段、何気なく飲んでいる生酵素サプリも、飲み方一つで効果がほとんどない場合もあります。
また、サプリだけに頼りすぎた生活は、いつまでたっても効果が発揮されません。

 

では、どんな飲み方が逆効果を招いてしまうのか?
注意すべきポイントいくつかご紹介します。

サプリに頼りすぎた生活は危険!

「生酵素サプリを飲んでるから大丈夫!」と、安心して食べ過ぎたり不規則な生活になっていませんか?

 

飲んでいるということに安心し、気がついたら「肉中心の野菜不足」だったり、「アルコールを毎日好きなだけ飲む生活」なんてことに・・・。

 

生酵素に頼りきってしまい普段の生活が暴飲暴食では、せっかくの生酵素のチカラは発揮されませんよ!

しかも、不摂生により脂肪分解や消化が追いつかず、太りやすい体質をつくり上げている可能性があります。
痩せるつもりが太る生活になってしまっては意味がありません!

 

サプリメントはあくまで“足りない栄養成分を補う”サポート商品です。
生酵素が痩せる体質にしてくれるわけではなく、あくまでも栄養補助サプリであることを忘れないようにしましょう。

運動をまったくしない

痩せる体質をつくるためには、脂肪燃焼しやすい環境づくりが必要不可欠です。
生酵素を飲むことで、体の中にたまった老廃物や活性酸素などを排出させるデトックス効果があります。

 

デトックス効果により新陳代謝が活性化し、脂肪燃焼が促進されます。ですが、それだけでは不十分です。
毎日の生酵素に加えて適度な運動をおこなうことで、筋肉量も増え痩せやすい体質になります。

お茶や牛乳で飲んでいる

生酵素サプリを飲む時、熱いお茶やお湯・牛乳などと一緒に流し込んでいませんか?

 

酵素は熱に弱い成分のため、熱いお湯やお茶と一緒に飲むと失活してしまいます。
さらに、牛乳やジュースは体に必要ないエネルギーやカロリーまで吸収してしまい、酵素の吸収スピードを下げてしまいます。
これだと、せっかくの酵素力も半減してしまい、体内で十分に活動できません。

 

生酵素サプリの効果を最大限に引き出すためには、「常温のお水で飲む」ようにしましょう。

気が向いた時に飲むなど、タイミングや回数が不規則

生酵素サプリは“自分の好きなタイミングで飲む”とお伝えしましたが、1週間に一度だけしか飲まないなど不定期に飲んでも、効果をなかなか実感できません。
もちろん、「1週間分をまとめて1回で飲む!」なんていうのはもってのほかです。

 

そもそも酵素は薬などとは違い、即効性がありません。
今日飲んだからといってすぐ効果は発揮されないので、毎日継続して飲み続ける必要があります。

これと一緒に飲んじゃダメ!生酵素と相性の悪い飲み物&食べ物は?

生酵素を摂取していても、一緒に飲んでいるものや食べているものが効果を半減させてしまう!
または、悪い影響を与える可能性も考えられます。

 

一緒に摂取しない方がいいものをいくつか紹介しましょう。

ほかのサプリメント類

マルチビタミンなど一緒に摂取しても問題ないサプリもありますが、「ダイエット系サプリ」に関しては注意が必要です。

 

ダイエットサプリの中には、糖や脂肪の吸収を抑える働きがあります。
この吸収を抑える効果によって、生酵素の吸収さえも阻害されてしまう可能性があります。

せっかく生酵素を取り入れても、吸収されず排出されていては意味がありませんよね。

カフェインやアルコール類

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、少量であれば問題ありませんが摂取しすぎは問題です。
体を冷やす原因や胃への負担を大きくします。

 

アルコールも同様で、分解する際に多くの酵素を使います。
もっと違うところで酵素パワーを発揮して欲しいのに!となってしまう可能性があります。

酵素の無駄遣いにならないよう、極力控えましょう。

白砂糖

精製された白砂糖は「ショ糖」が主成分です。
このショ糖は、悪玉菌を増やし血液を汚します。

 

せっかく酵素を摂取し働いてもらっても、甘いものをいっぱい食べていては意味がありません。

もし、甘みが欲しいなら「甜菜糖(てんさいとう)」や「はちみつ」など、精製されていないナチュラルな甘味料を使用しましょう。

薬類

持病がある人は特に注意が必要です。
薬によっては飲み合わせが悪い場合があり、効果を半減させてしまう可能性も。

 

まずは薬を最優先し、飲み合わせなどを医師に相談しましょう。

また、糖尿病でインスリンを使用している人も要注意です。
酵素サプリや酵素ドリンクなどには糖分が多いものがあります。

生酵素サプリの飲み方 まとめ

生酵素サプリは飲み方を少し変えるだけで、発揮される効果が違ってきます。
また、一緒に飲むものによっても酵素力が左右されるので、効果を実感できない人は普段どんな飲み方をしているのか再確認してみましょう。

 

どんな効果を得たいのか?
どんな自分になるために生酵素を取り入れるのか?
目的に合わせて、生酵素のパワーを最大限活かせる飲み方を実践しましょう!

日々の健康維持はもちろんのこと、ダイエットや美肌といった美容目的、アンチエイジングで若返り効果など酵素のパワーは多岐にわたります。
年齢性別を問わず、正しい飲み方をすればあらゆる効果を発揮してくれるでしょう。まるで万能薬みたいですね!

 

生酵素サプリを効率よく飲んで、「痩せやすい体質づくり」をはじめてみませんか。