生酵素を普段の食事で摂取!手作りレシピをご紹介♪ 

 

生酵素はサプリやドリンクじゃないと取れない!?

 

いいえ、そんなことはありません^^
いかに多く取り入れるかばかりがフォーカスされがちですが、食べ物でも生酵素は取り入れることができます。

 

・サプリはあまり馴染みがなくて飲むのをためらってしまう
・健康食品じゃなくて、普通の日常の中で取り入れたい
・量をたくさん取ることよりも、毎日の習慣として取り入れていきたい

なんて人にオススメ♪

 

生酵素がよく取れる注目食材やレシピなどをご紹介します♪

 

生酵素を効率よく摂取するにはこの食材がおすすめ

 

生酵素は【加熱殺菌処理がされていない状態】のものをいいます。

 

つまり、食材に含まれている酵素は生酵素になります♪

 

スーパーなどでも簡単に手に入りやすい&食べやすい食材をご紹介します^^

 

野菜
大根・アボカド・キャベツ・トマト・たまねぎ・山芋・ほうれん草

 

果物
りんご・キウイ・ぶどう・いちご・パイナップル

 

発酵食品
納豆・つけもの・みそ・ヨーグルト

 

この中でも特に酵素が多く含まれているのが【大根】です。
スティックにして、バーニャカウダーにするのも◎!
細くカットしてサラダにするのも◎!

 

アレンジして食べやすい食材です。
魚にも酵素は多く含まれているので、お刺身で食べることをオススメします^^

 

酵素の多い食材を使ったレシピをご紹介します♪

 

酵素の多く含まれている食材を使って、効率的に取り入れてみましょう♪
ササッと3ステップで作れちゃうので、おかずがないときや、おつまみにもオススメ★

 

 

山芋と納豆のネバネバサラダ

 

1:山芋はすりおろす
2:めんつゆ&卵黄をいれる
3:まぜる

 

これで完成♪
小口切りのネギを入れたり、ごまや刻みのりをトッピングしてもOK!
サラダにボリュームをだしたいなら、おくらをいれても美味しいです^^

 

おくらはさっと茹でるか、レンジの茹で野菜機能をつかって加熱してくださいね!

 

おくらと食材を混ぜるときは粗熱を取ってさめてから入れないと、山芋や納豆の酵素が失活してしまうので要注意!

 

便秘解消効果あり!朝のすっきりフルーツヨーグルト

 

1:酵素が入っている果物3種類をカット
2:ヨーグルトと混ぜる
3:トッピングに少しグラノーラを入れる

 

寝ている腸をしっかり起こして、朝のお通じをよくしましょう^^
基本的にどの果物を入れてもOKですが、絶対はずせないのは【りんご】です。
りんごは、すりおろして入れるのがポイント♪

 

酵素たっぷり食材!すりおろし大根とキャベツのシャキシャキサラダ

 

1:キャベツはざく切りにして、食べやすいサイズに!
2:大根はすりおろす
3:鶏ガラスープのもと、ごま油、塩昆布を入れて和える

 

お酒のおつまみにも◎!
はしがとまらず、パクパクたべれちゃいますよ♪
ツナ缶も入れると風味が増す&ボリュームアップします。

 

夏は豚肉を茹でで、冷水にさっとくぐらせて冷しゃぶ風にしたら立派なおかずに♪
ダイエットしている人は、ササミもオススメ★

 

すりおろしてジュースにしよう!大根とりんごの酵素ジュース

 

1:りんごをすりおろす
2:大根をおろす
3:りんごジュースで割る

 

酵素のかたまりジュースで体にとりいれるのもアリ★
すりおろした大根やりんごだけでは、どろっとして飲みにくいので、ジュースで割ると◎!
りんごジュースじゃなくても、オレンジジュースでもおいしく飲めます^^

 

大根を使うときは、頭の部分を使うと甘くて辛みがありません^^

 

生酵素レシピを手作りする時の注意点

3ステップで作れちゃうとっても簡単な生酵素レシピですが、いくつか注意することがあります。

 

これをスルーすると、せっかくの生酵素を取り入れられなくなるので要注意!

 

その1:調味料類も加熱しない

酵素はとっても熱に弱い食材です。
酵素が入っている食材を加熱しないようにしても、他の食材を加熱して温度が上がってしまうと失活してしまいます。

 

ここでご紹介したレシピの調味料は、加熱しないで使用するものです。
ごま油をはじめ、鶏ガラスープのもとなどもそのままダイレクトにいれましょう。

 

鶏ガラスープのものは粉末タイプで売っています。
もし、固形タイプのものを使うときは、あらかじめ砕いておいてください^^

 

その2:酵素が入っている食材ですりおろせるものは全てすりおろす

山芋や大根は、おろし金ですりおろすことができます。
実は、バリバリと生で食べるよりも、すりおろした方が酵素の量がアップするんです♪

 

山芋を短冊切りにして食感を出したい人もいるかもしれませんが、酵素を取り入れることを考えると、すりおろすのが◎!使用するおろし金は金属製がベスト!

 

その3:すりろすときは皮はむかない

ついつい皮をむいてお料理してしまいますが、基本的に皮はむきません!
皮と実の間の部分こそ取り入れたい栄養素がぎゅっと詰まっています。

 

野菜や果物はよく洗ってすりおろせばOK!
りんごの皮は、すりおろしても食感がいいのでオススメですよ♪

 

食材を冷凍保存すると生酵素を失われる?

酵素は熱に弱いことで知られています。
48度以上に加熱すると失活してしまうので、熱を加えないことが最大のポイントです。

 

では、その逆で冷凍してマイナスまで温度をさげたら、酵素はどうなるのでしょうか?
答えは冷凍する期間によります。

 

加熱してある一定の温度(48度)になると壊れる酵素ですが、低温にすると酵素の活動がだんだん低下していきます。

 

解凍したときに食材の細胞が破壊されなければ、酵素はもう一度動き出しますが、正直いってあまり期待できません。
食材を長時間冷凍すると酵素は壊れていくので、酵素としての役割が果たさなくなります。

 

つまりそのときに食べるのが一番ということ!
酵素に限らず、食材も新鮮なうちに食べるのがベストですよね^^★?

 

あまり難しく考えずに、酵素を食材で取り入れるときは、買ったらその日に食べるようにしてみてくださいね♪

 

●まとめ●

生酵素というと、サプリや酵素ドリンクを飲むといったイメージが強いですが、食材でも取り入れることができます^^

 

生野菜やフルーツをすりおろしたり、そのまま食べるのがベスト!
特に大根のすりおろしや、りんごのすりおろしはオススメ★

 

すりおろすことで、酵素の量がアップするので、ぜひ取り入れてみてくださいね^^

 

生酵素をサプリではなく手軽にドリンクタイプで摂取したい方はこちらの記事がおすすめ♪